2018年02月28日 (水) | 編集 |
みなさま こんにちは

本日、2回目のブログ担当をします西村です
最近寒さがやっと和らぎましたが・・・皆さま体調いかがでしょうか?

インフルエンザは落ち着いてきましたが、日中と夜の気温差で体調を壊しがちですので着脱のしやすい服装でお出掛けすることをお勧めいたします


さて、早速ですが竹中くんからの質問についてお答えいたします

「健康の為に食事で気をつけていることや意識してしていることは何ですか?」

私の場合、基本的には朝昼晩と一日三食  
時間があればゆっくり食事をするように心がけています



それ以外に、疲れを感じていたり栄養が偏っていると感じたときは
「まごわやさしい」   を思い浮かべるようにしています!!

無題


「ま⇒豆(納豆・大豆・豆腐・あずき・黒豆・油揚げ・高野豆腐など)
「畑の肉」といわれる大豆は、良質のタンパク質、ミネラルが豊富。
栄養バランスが良く、生活習慣病予防に効果的です。
女性ホルモンの安定にもいいので、不足しないように食事にとり入れてみましょう。


「ご⇒ごま」(アーモンド・ごま・ピーナツ・くるみ・栗・ぎんなん・松の実など)
ごまは、タンパク質・脂質・ミネラルがたっぷり。老化の原因となる活性酸素を防ぐ抗酸化栄養素も含むそうです。


「わ⇒わかめ」(ひじき・わかめ・のり・昆布・もずくなど)
カルシウムなどのミネラルが豊富。海藻類は酢や油と組み合わせると栄養成分が効率よく摂取できます。


「や⇒野菜」(ほうれん草・トマト・白菜・キャベツ・セロリ・もやしなど)
β-カロテンやビタミンCが豊富。皮膚や粘膜を健康に保ち、抵抗力を維持します。
煮たり炒めたりの加熱調理でかさを減らすとたくさん食べられます。


「さ⇒さかな」(青魚や鮭など)
あじは、DHAやEPA・タウリンが豊富で、血中のコレステロールを減らし、血液をサラサラにする働きと、疲労回復に効果があります。


「し⇒しいたけ」(まいたけ・マッシュルーム・しいたけ・しめじ・エリンギ・なめこなど)
しいたけは、カルシウムの吸収を助けるビタミンDが豊富で、カルシウムを骨に定着させるのに有効です。
きのこ類は、食物繊維やビタミン・ミネラルの宝庫です。たっぷり食べても低カロリーなので女性に強い味方です。


「い⇒いも」(じゃがいも・さつまいも・里芋・山芋など)
炭水化物・糖質やビタミンC・食物繊維が豊富です。根菜類は腸内環境を整えてくれます。





最近の研究では、「よ=ヨーグルト」「な=ナッツ類」を追加すると
食事バランスは完璧になるそうです!!


個人的にオススメは・・・生野菜では体が冷えたり、胃腸の働きが鈍くなるのでスープにすることをお勧めします♪

スープにすることによって野菜から出た成分も無駄なくとることもできて身体も温まるので冷え性の女性にもいいですね

男性で料理をあまりされない方は、特に緑黄色野菜にお湯を数量入れてレンジで2分くらい温めて温野菜にすると手軽に食べれるのでお勧めですよ



最後に、次回ブログ担当の加藤さんに質問です


西村は季節の変わり目に風邪をひきやすくなるのですが・・・


「加藤さんは風邪予防のために日頃気を付けていることはありますか??」



それではまたサンパティオでお会いしましょう

スポンサーサイト

ホームページ
プロフィール

サンパティオ大野

Author:サンパティオ大野
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

FC2Ad